JOURNAL

2018.8.3 fri

ニューヨーク・マンハッタン
視察

「福岡ロータリークラブ」のメンバーと一緒にニューヨーク・マンハッタンの建築・不動産視察を行いました。まず最初に、三井不動産福岡支店のご紹介で、三井不動産アメリカが手掛けている(仮称)50ハドソンヤード開発事業を視察しました

(出典:三井不動産ニュースリリース)https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2017/0901/

5棟の最新鋭のオフィスビル、100以上のお店、約4,000戸の集合住宅ユニークな文化施設、約6haにおよぶ公共のオープンスペース、公立学校、200室を超える高級ホテルが計画されています。緑と憩いの空間という特性も兼ね備えた、希少性の高い開発計画です。

(出典:三井不動産ニュースリリース)https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2017/0901/

ハドソンヤードは、近年著しい変化を遂げているマンハッタンのミッドタウンウェストサイドに位置しており合計約11haもの開発敷地をもつ大規模再開発プロジェクトです。

日本を代表する三井不動産が、マンハッタンで大規模再開発事業を行っている姿は私たちに夢や希望を与えてくれます。日本人として本当に誇らしく思います。

仮称)55ハドソンヤード 所在地  55 Hudson Yards, New York, NY
竣工   2018年(予定)
敷地面積 約40,000sf(約3,700m2)
延床面積 1,265,700sf(約117,600m2)
階数   1,265,700sf(約117,600m2)
用途   オフィス、店舗

一覧を見る